CSR

一匹でも多くの命を救うために・・・


ペットは家族の一員というのが当たり前となり、犬・猫をペットを超えた「パートナー」として、尊敬・尊重し、本当に大切にしている方が大半です。

しかし、一方で、今、この瞬間も犬や猫が安楽死とは程遠い方法で処分されており、その数は年間で約16万頭以上(平成24年度 環境省統計資料より)にものぼります。

「犬がいうことを聞かないから」「犬が病気になったから」
「犬を飼えなくなったから」「大きくなって可愛くなくなったから」
「飽きたから」「ブリーダーをやめて、犬たちが用済みになったから」

こういった人間の身勝手な事情や、無責任で、信じられない数の犬が捨てられ、処分されています。

私たちColorZooは、経営理念として「人とコンパニオン・アニマルがよきパートナーとして幸せで楽しく暮らせる社会を創造することを目的とします」と掲げています。

このような社会を実現するために、まずは、あまりに悲しすぎる現実を解消する必要があります。そのために、多くの愛護団体、個人の方々が活動されております。
ColorZooでは、微力ながらそのような活動を創業時から支援させて頂いております。

本来、最も大切にされるべき「いのち」。私たちの社会が「いのちを守り、はぐくむ」という、当たり前のことが当たり前にできる社会になるために、人と動物が幸せに楽しく暮らせる社会を創るために、今後もColorZooは、様々な支援や活動を続けてまいります。


アニマルレフュージ関西(ARK)さんの支援

  アニマルレフュージ関西(ARK)は、大阪府豊能郡能勢町を活動拠点とし、傷ついた動物の保護、里親探し、啓蒙活動を通じて、人と動物が共生できる社会作りを目指しているNPO団体です。
http://www.arkbark.net/

ColorZooでは、以下のような活動を通じて、ARKさんを支援しています。


スポンサー制度による支援

スポンサー制度とは年をとっている、体に障害がある、特別な介護を常に必要とする、虐待され心に傷をおってい る、または人間不信といった様々な理由から里親を見つけるのが非常に困難な子達の生活に必要な食餌費、医療費、維持費、人件費、を支援する制度です。毎月12500円で一頭分の生活費を支援することができます。

ColorZooでは、このスポンサー制度を利用して、現在3匹の犬たちのスポンサーをしています。


→スポンサー実績はこちらをクリック



フードの寄贈

包装に傷がついた等の理由で販売できなくなったフードをARKさんをはじめ保護施設に寄贈しています。



店頭里親会の実施

GREEN DOG SQUARE(神戸本店)にて、ARKさんで保護した動物たちの里親会を実施しています。

一頭の犬との出会いは、いわば結婚のようなものです。

お互いをよく理解し合い、生涯にわたる良きパートナーとなるための第一歩である、「里親会」のために、定期的に店内スペース「キュリオ」を提供させて頂いています。


ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)さんの「ピースワンコ・プロジェクト」への支援

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)   「ピースワンコ・プロジェクト」は、広島県神石高原町を拠点とし、災害や紛争の緊急支援に取り組んでいる認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が運営する、犬の保護活動プロジェクトです。殺処分ゼロを目指して、災害保助犬やセラピー犬の育成、捨て犬や迷い犬の保護、譲渡活動をしています。
http://peace-wanko.jp/

ColorZooでは、以下のような活動を通じて、PWJさんを支援しています。


GREEN DOG湘南 常設譲渡センター

多くの人に保護犬の存在を知ってもらい、ペットショップでお金を出して“いのち買う”のではない、新しい出会い方を提案しています。譲渡センターには、PWJさんからきた保護犬達が常時5~8頭いて、里親との出会いを待っています。


GREEN DOG湘南 常設譲渡センター

GREEN DOG湘南の里親募集中の保護犬達
→http://store.green-dog.com/blog/snn-pwj/



店頭寄付箱の設置

GREEN DOGの各店舗にてPWJさんへの寄付箱を設置し、集まった寄付金をPWJへ寄贈しています。


One Love ウォークへの参加

犬との暮らしに+One をコンセプトにしたフリーペーパーOne Brandさん主催の「One Love ウォーク」に2010年、2011年と協賛させて頂きました。

One Love ウォークは、「保護犬」の認知を高め、その譲渡を促進することを目的としたイベントです。

ColorZooはGREEN DOG、ホリスティックケア・カウンセラー養成講座として、イベントに協賛し、保護団体への物資やイベントでの売上金の寄付を行いました。